spacer
spacer

沖縄のバス・タクシー・モノレール(ゆいレール) 沖縄交通

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄の交通
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 移住お役立ち情報> 沖縄の交通
spacer
沖縄のバス・タクシー・モノレール(ゆいレール)のご紹介。

沖縄の交通
  あらかじめ知っておこう。沖縄の交通手段とその事情。
 
沖縄の交通手段は大きく4つ
自家用自動車・自家用バイク

沖縄県の主要な交通手段は車で、その数も多く駐車許可以上に車があるくらい。つまり路上駐車や港などの放置が横行している状態です。警察自体が大道路や歩道以外なら黙認している地域が多いのです。北谷町の海沿いの裏道路などは夜7時過ぎになると100台近くの車両が路上駐車しています。車と車の間隔は50cmぐらいでどうやって出入りするのかが不思議なくらいです。おそらく朝、動き始める車の順番があり先頭などの車両が早く出て行くのだと思います。
自家用バイクについては沖縄県は4年ぐらい前よりビックスクーターが大人気です。バイク自体の数は自家用車と同じぐらいの割合で走っています。つまり、本土の様に中古バイク店はあるのですが中古バイクの値段が下がらず高価な乗り物であると言えるでしょう。
沖縄の交通自家用車・バイク


重要ポイント 沖縄の交通マナ-と豆知識

いきなり横から進入したり、バイクが無理やり車と車の間に入り込んだり、かすめて走り去ります。皆さん移住した際は十分に気を付けて運転してください。
その他、沖縄のアスファルトにはサンゴの石灰が含んでいるため非常に滑りやすいです。雨天時の運転は十分気をつけてください。

※沖縄県は飲酒運転で検挙される人数が全国と比べ非常に高い県でもあります。


■車通学は常識?

沖縄県では田舎へ行けば行くほど親が子供を学校まで送らなければならないという広域校区となります。
通学は各自の親が送り帰宅は一台の車に複数名の子供が便乗し帰宅するという風景が良く見られます。
地域の子供は自分の子供という「ゆいまーる」精神がこういうところにも見受けられるのも沖縄の素晴らしさではないでしょうか。


■入学祝は車!?
沖縄県内の大学へ入学すると暗黙の了解で車の購入が約束されると言われています。車社会である沖縄では大学へ通うのにも車通学が許可されている大学もあります。(琉球大学などは広大な土地が生徒の駐車場となっています。)


■沖縄ナンバーはお得?
沖縄ナンバーにすると税金が安いというのはご存知でしょうか?税金が安いばかりではなく任意保険料も安くなる。(一部、沖縄エリアだけ加入ができない保険会社もあります。)ナンバー変更、その他詳しくは陸運事務局へお問合せください。(原付などは各市町村の役場になりまます)

○沖縄総合事務局 〒901-2134 沖縄県浦添市字港川512-4 
  ヘルプデスク:050-5540-2091 検査予約:050-5540-2191
  管轄区域糸満市、豊見城市、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、名護市、うるま市、南城市
           島尻郡、中頭郡、国頭郡
○宮古支所  〒906-0013 沖縄県平良市字下里1037-1
  ヘルプデスク:050-5540-2092 検査予約:050-5540-2192
  管轄区域宮古島市、宮古郡

○八重山支所 〒907-0002 沖縄県石垣市字真栄里上原863-15
  ヘルプデスク:050-5540-2093 検査予約:050-5540-2193
  管轄区域石垣市、八重山郡



■自動車保険や生命保険は大丈夫?
 沖縄県の様な低所得の土地で一家の大黒柱が倒れたら生活はしていけません。必ず加入しておきたいのは生命保険・自動車保険・損害保険などのもしもの時の保険。
 沖縄移住支援センターでは移住者の衣食住をサポートさせて頂く中で保険に関してのアドバイスも出来るように代表者は損害保険の資格を保持しています。その他、生命保険に関する内容は沖縄県でも信頼性があり加入者の多い住友生命様をご紹介させて頂いております。(沖縄移住支援センターではご紹介してもマージンは頂いておりません。)


移住後に保険に関して詳しく聞きたい、移住してから車を買うので保険に入りたいという方はお問い合わせください。(沖縄移住支援センターのご連絡頂きこちらから保険会社へお電話するのも可能です。お気軽にご相談ください。相談料は無料ですので聞いて比較するのがよろしいです


※住友生命保険相互会社:沖縄支社那覇支部
住所 900-0014 那覇市松尾1−10−24(住友生命那覇ビル4F)
電話 098−866−6537 FAX 098−869−1671          担当 新垣理恵さん 



バス

沖縄のバスは時間通りにはほとんど着きません。特に4時から6時の帰宅時間は特にです。又、路線によっては待ち時間が長く最終時間が早いです。経由回路も様々で移住したばかりの方は間違って違う路線に乗ってしまう心配があるので注意してください。
沖縄の交通バス



タクシー

本土に比べれば初乗り運賃も安く気軽に乗れます。ですが、本土と同様に心良い運転手もいればそうでない運転手もいます。当社スタッフも沖縄に移住した当初は10回中7回はボッタくられたほど。わざと遠回りしたり言った行き先を通りすぎて後からどこで止まればいいの?など、500円〜1.000円ぐらいの過剰料金を請求する運転手がいます。
ちなみに最近は2回も遠回りされました。やはり言葉で本土の人間だから沖縄の道には詳しくないと思っているのだと思います。皆さんもご注意ください。



中型車の料金目安
・初乗 460円/1.8km   
・割増 70円/405m 
・深夜料金  2割増/23〜翌5時  
・送車料金 無料
沖縄の交通タクシー

沖東タクシー

タクシー オススメできる安心なタクシー会社

沖東タクシー様は沖縄移住支援センターが自信をもってオススメできるタクシー会社です。悪質なボッタクリ行為は一切無し。名物の呉屋乗務員などユニークな乗務員さんが沖縄を案内してくれます。






モノレール(ゆいれーる)

約2年前の夏に開業しました。たった2両で行ったり来たりという乗り物ですが空港から来る際や車を置いて県庁・国際通りなどに出かける際には最適です。那覇市民は通勤・通学に使う人もいます。沖縄戦争の前には沖縄にも電車がありましたが戦争で無くなってしまい戦争以来の立ち乗りでの乗り物という事で開業当初は沢山利用者がいました。最近は旅行カバンを片手に乗車する観光客が目立ちます。運賃は200円〜290円。 沖縄の交通モノレール


ゆいレール路線図


ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer