spacer
spacer

沖縄離島メリット・デメリット,石垣島移住生活,宮古島移住生活,久米島移住生活,渡嘉敷島移住生活,慶良間移住生活

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄の離島48島
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報> 沖縄離島移住計画:メリット・デメリット編
spacer
沖縄離島移住計画:メリット・デメリット編


■沖縄離島移住のメリット・デメリット 
離島の生活を一言で表すと「暖やかな時間・豊かな食生活」といえます。都市化が進む沖縄本島中心部に比べまだまだのんびりとした気質が残されています。商売においてものんびりしていてサービス業の飲食店ですら日曜定休日のところも多いです。
 そんなこととはつゆしらず、週末を利用して遊びに来た観光客は食事するところを求めて右往左往。観光客を当て込んであくせくとお金を稼ぐよりも自分の暮らしを優先する島民たちは都市の暮らしとはかなり異なる価値観の下「ゆるりとした時間に生活」を営んでいます。

島の産業といえば漁業か農業がほとんど。本島や県外へ出荷するというより島内での消費が主なため、小規模経営が多い。本業が他にあって、半農、または半漁を営む人も少なくない。このため野菜はかなりの量のおっそわけが回ってくる。家庭用に栽培しているのがほとんど農薬を使われていないので味がとても濃い。それと野菜の大きさが驚くぐらい多きい。

出荷される野菜は規格サイズが決められているため大きすぎるものは自己消費するほかありません。直径50cmのキャベツ、背丈が45cmのほうれん草、1.4kgのジャガイモといった特大サイズの野菜達がおっそ分けとして喜ばれながら島内を回っていく。
 娯楽が少ない離島での遊びは自然が相手になる。日曜は子連れで海へ行き釣りをしたりなど。本島周辺とは異なり離島周辺の海はまだまだ豊かで石垣・宮古・久米島などビーチにはヤドカリの群れやツブ貝などが多くみられる。
また、離島は沖まで船で出なくても岸壁から釣り糸をたらすだけで魚も釣れるので手軽に楽しめます。
釣れた魚は野菜と同じくおっそ分けとして隣近所を回るのです。
収入は少なくとも食べてはいける。これが離島の生活です。しかし、これは全て本業があっての生活です。本業を見つけて初めて暮らせます。おっそわけだけでは暮らせません。
話は戻り、島のスローテンポな生活に慣れてしまうととても居心地が良い約束した時間に遅れてしまってもあまり謝ることはなく待つほうもとてものんびりしている。電話で連絡する事もなく待つ方も「どうしたの?」と電話で催促・確認する事はまずありません。
「来れれる時間にしか相手は来ないのに何故電話する?」といわれれば、その通りなのである。
「時は金なり」生活スタイルで育った都会の人間にとって目からウロコの世界であろう。沖縄本島のレンタカー会社で待たされて激怒したり「遅い訴えるぞ!」と言った移住者もこんなスローライフに気付いた時には沖縄を知らずに行動した事に対し自ら恥をかく行動をとってしまったと後々後悔するのである・・・。

離島生活の中で一番の魅力は「渋滞がない」という事です。島の渋滞といえばゆっくり走る車の後ろを何台もつらなる風景です。オジィー・オバァーが軽四輪で20キロで走るときぐらいでしょうか。。。
離島の信号は大きな島(宮古・石垣)以外は教育用に信号が設置しています。そんな教育が発揮されるのは高校入学時である。周辺離島の10町村のうち、島内に高校があるのは久米島町だけ。その他の離島は、中学校までしかなく高校入学と同時に子供達は本島へ渡ることになる。沖縄離島データ
本島に親類がいる場合はそこを間借りしてお世話になる場合があるが一人暮らしする子供も少なくない。この一人暮らしが裏では問題になっている。ある離島の子供(女子)が那覇市にアパートを借りて高校に通学していたのですが15・16際ともなればお付き合いする人も出てきます。この子供のアパートに彼氏が住み始め、その次に彼氏の友達は遊びに来て「たまり場」となり喫煙などする場になっていたという話を聞いたことがあります。親としては子供を信じる他はありませんが100%安全な環境とはいえません。
この様なケースを心配し子供のアパートに親も住み離島と本島を行き来する親もいます。(これが以外に多いです)
しかし、飛行機代金も2万円はしますので馬鹿にはならないです。島ならではの最大デメリットは島外へ行く際にかかる費用の負担です。特に病院などの場合は本島へ向かうほかなく若いうちに離島へ移住してもいつか歳をとり本島へ毎週通う事になるかもしれないので子供がいる場合は子供に負担がいってしまうと考えます。この様な事からただでも低い所得でためた貯金もあっというまに無くなってしまうのです。
島の中だけではお金は使わず影響は少ないが島から出ると家計に大きな負担がかかります。しかし、必ず島から出ることがあるので移住する前にいくら貯金をもって移住するか、その貯金をくずさずにいられるかが大きなポイントになると考えます。



                                                           ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved 
 
spacer