spacer
spacer

石垣島移住 石垣島移住者

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄離島情報>石垣島:八重山諸島
spacer
石垣島移住:石垣島の現状
石垣島:八重山諸島は移住者が非常に多い離島です。石垣島:八重山諸島の移住状況と石垣島データ!


■石垣島への移住者
現在、石垣島へは移住者が年間約5000人ほど移住しているといわれている。内、4000人は本土へ戻り1000人が1年残るそうです。しかし、この1000人も約500人が無職のまま1年を過ごしお金が底をついて本土へ戻るという状態です。
年間5000件の求人が石垣島にあるわけがないのが現状。自分だけは特別に就職できる。と考え移住している人が多いようです。
移住者が増えれば増えるほど石垣島は温かくなりそうです。。。


           石垣島の暮らし


■2006年の石垣島
石垣島で不動産物件を抑えるには2ヶ月まえには内覧し不動産を決めなければなりません。それは各不動産会社で予約待ちの様態が殆どだからです。第二繁忙期の8月に石垣島へ調査へ行った際は1社あたり50人待ちの状態でした。(少ない不動産会社でも10人ほど予約待ち)
つまり不動産物件が足りないのです。石垣以外の島でも個人でアパート探しに来て収穫0で帰る人も多いのが離島です。


■2007年7月の石垣島
昨年は不動産物件も少なく石垣島の不動産関連はバブルともいえる状態だったが2007年7月23日に沖縄移住支援センターで調査に入った際は物件の多くが空きの状態であった。沖縄への移住者の多くが帰る現実をTV・ラジオなどマスコミで取り上げ約1年が経ち石垣島ブームにも落ち着きはじめているのかもしれない。空きが多く出ているマンション・アパートはそのうち(2・3年後)には収益物件として売買されるであろうと地元の不動産会社の方は語ります。


■石垣島移住の基本注意事項
石垣島へ移住する際にガステーブルを引越し荷物に含め運ぶ場合、石垣島の不動産物件は全てプロパンガスだという事を忘れてはいけない。都市ガス用のコンロの場合、処分してから移住しましょう。


■台風時期はマンスリーの予約?
石垣島は台風に当たる率は他、離島に比べ高い。移住する時期が台風時期の場合は新築などの入居が殆どずれ込む。これは台風や雨天などで建築が予定より遅れるからです。入居日が大幅にずれ込み一時的にマンスリーマンションへと考えたときにマンスリーが満予約だった場合は民宿やホテルに宿泊となる。それでも宿泊場所がない場合は本島で待機しなければなくなる。
新築に入居を考えている方は予定外の出費にも繋がるので不動産会社に工事の進み具合を聞いておきましょう。


■空港移転で建築ラッシュ
2007現在、移住ブームも落ち着いてきた石垣島。未だに建築ラッシュ(乱開発)は続いている。空港移転に伴い白保ではレンタカー会社や観光関連企業が土地を購入し始めています。空港に近くに必要なサービス業は殆どが移転します。それと同時に現在の空港周辺はどうであろう・・。
空港が遠ざかり町に近い土地となるとめ不動産物件(アパート・マンション)が異常とも言えるスピードで建築されています。宅地造成は島のいたるところで計画されており、なかには100区画を超える分譲予定地もあり一つの集落ができるようなものもある。もちろんこの様に増えつづける事により物件を手放さなくてはならない人も出てくる。
現在、力を入れている不動産(施工会社)は全て沖縄本島の施工会社(賃貸も行っている会社)です。石垣島の大自然を壊しているのは移住者ではなく実は本島の不動産・建築会社というのが実情。そして、移住者が高額な金額でも平気で借りる。相場は2LDK 63000円から65000円が相場。(本島より高い)これが建築ラッシュを引き起こす「移住者」ビジネスのカラクリでしょう。
石垣島の平均所得15万円/月。物価は非常に高くお金がないと生活してはいけない島です。東京などから脱出する=沖縄移住ばかり夢見て飛び込む移住者は後々の支払いなど深くは考えてはいない・・・。
そしてまた年間4000名の夢追い人は今日も帰っていく・・・。


■盲目の移住者
石垣島には数多くの売り地が存在する。特にビーチ周辺など海岸沿いが非常に多い。これも移住ブームと言える。ここ数年の土地の値上がり状況を見てみると10倍近く値上がっているところも存在する。
そんな中、移住者とのトラブルも良く聞く。荒れた坪6000円の土地を8万円で売ろうとした人が存在する。買いに走っていた本土の方は他の土地や様々な情報を集めた結果、土地の相場と異常な違いに気付いたという。この様な事は結構多い。盲目の移住者ビジネスは今もまだ続く・・。


■石垣島開発
石垣島で土地を購入しリゾート開発を行おうと考えるビジネスマンも少なくは無い。沖縄移住支援センターにも本土企業からの問い合わせやビジネス相談が非常に多い。そんな企業が一番苦戦するのは石垣島に存在する法律である。
この法律はリゾート開発を阻止し石垣島の瀬善環境を守ろうとする法律で様々な問題をクリアーしなければ建設する事ができない仕組みになっている。島民が考えた侵略阻止策とも言える。2007年・2008年の年明けに建築される建物は全て規制前に滑り込みで書類を提出したものだそうです。これから石垣島でアパート・、マンション経営をする方は楽には許可が下りないでしょう。


■島に8件の大型リゾートホテル計画
2007年現在、市街地近郊に舟蔵の里の西側、皆野宿の2件、西海岸に米原リゾート、伊土名周辺、野底リゾート(ゴルフ場計画)、平久保リゾートの1件が石垣島へ申請や相談が行われている。


■規制の限界と効果、規制できない一般住宅の建築
リゾート開発を規制するものとして石垣市がすすめている景観法が考えられる。建物の高さ・美観など一定の効果は考えられる。企業側もホテルの規模を100室以内として低層のホテルを計画する傾向が見られる。大規模な建築は低層でも、基本的に低層な一般住宅はどうであろうか。建築基準法の規定以内であれば問題はないのが実情、そのためお金をもつ本土人などが海の目の前に土地を購入しているのが現状です。




石垣島情報を事前に入手!沖縄移住支援センターおススメサイト!
・石垣島海辺.COM http://www.ishigakijimaumibe.com/


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ


ページトップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer