spacer
spacer

沖縄心療内科,沖縄,うつ病,移住,引きこもり

 
 
spacer ヘルプ サイトマップ
沖縄移住支援センター  
spacer
移住お役立ち情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > うつ病と移住
  spacer
 沖縄心療内科,沖縄,うつ病,移住,引きこもり
  沖縄移住が心の逃げ道


■心の病と沖縄移住
ここ数年、うつ病や引きこもりからの回復を期待し沖縄へ移住してくる方が増えてきている。沖縄は楽園というイメージがあり本能的に逃げ道を求めて移住する方々と旅行などで沖縄へ訪れてマリンスポーツを楽しんだことから、心の癒しを感じ沖縄へ移住する方が多いと感じます。
沖縄移住支援センターでは精神的な病の方のカウンセリングや沖縄移住を全力でサポートすると同時に、現代の急速な時代の流れや人生の辛い経験から、心に病をおってしまった方々の理解と心からの優しさを共に共感しながら理解を浸透させようと考えます。


■何故、心の病になるか?・周りの対応を考える
心の病になる方の多くは「優しい心の持ち主」であることから他人への配慮が先行して常に自己で不安を増大していく傾向が見られます。そんな方々の多くは「人」から受けた辛い仕打ち・発言・行動により心の底から砕かれた気持ちになると考えられます。
一般的に元気のない方へは「頑張れ」「やれば出来る」という励ましの言葉を伝え元気付けようとしますが、心に疾患がある方にとってはマイナスな発言となります。
その言葉はプレッシャーとなり重くのしかかるのは言うまでもありません。
 頑張らなくていい、今は草花のように風を感じる「静かな時間が必要」。沖縄の自然を、心の底から見えて「何かしたくなったら動けばいい」そんなゆとりのある言葉をかけてあげるほうが何百倍も力になるでしょう。


■精神障害と移住エリア
沖縄移住支援センターで支援させて頂いた方々で「うつ病」「引きこもり」など精神的病の方は沢山いらっしゃいました。
そんな方々が選んだエリアと共通点。
基本的にはその方の病気の具合でエリアを考えています。
 ・現段階では家庭内で話す時間を保ちたい。この様な方は海や自然が常に触れ合える場をおススメいたします。
 ・社会に出ることはできないが他人と少し触れ合える余裕ができている。この様な方は観光名所の近くで様々な顔が 見れる場所をおススメいたします。
 ・社会に出る準備は整っているが出るのがまだ不安。各島の中心地まで車で30分程度の場所、近隣は公園や銀行・スーパーがある所(生活において必ず人と接する場だが疲れを感じない程度の社会性を持てる場)をおススメいたします。


※各状態によりエリアは異なりますが具体的エリアの選定は支援内容となりますので企業秘密となります。ご了承くださいませ。


-補足ページ-
自我同一性の発達 ・引きこもり ・精神医学と見解 ・「ひきこもり」の概念  

ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer