spacer
spacer

沖縄心療内科,沖縄,うつ病,移住,引きこもり

 
 
spacer ヘルプ サイトマップ
沖縄移住支援センター  
spacer
移住お役立ち情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >うつ病と移住> 引きこもり
  spacer
 沖縄心療内科,沖縄,うつ病,移住,引きこもり
  沖縄移住が心の逃げ道


引きこもり
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索引きこもり(ひきこもり、Hikikomori, social withdrawal)とは、社会から逃避して自分の殻、若しくは空間の中から出られない事を言う。または、そうして閉じこもる人を指すことが多い。閉じこもりとも言う。定義の経緯から、蔑称として多用される。
定義は厳密には定まっておらず、一般に自分の部屋・自宅から出ない、学校や会社に行かない状態を引きこもりとして言うケースが多い。日本の文化依存症候群とされる。
厚生労働省/国立精神・神経センター精神保健研究所社会復帰部による定義 「さまざまな要因によって社会的な参加の場面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態」 (10代・20代を中心とした「ひきこもり」をめぐる地域精神保健活動のガイドライン −精神保健福祉センター・保健所・市町村でどのように対応するか・援助するか− 平成15年7月28日 より)
※詳細については下記リンク先を参照。
国立精神・神経センター精神保健研究所社会復帰部「ひきこもり」対応ガイドライン 10代・20代を中心とした「ひきこもり」をめぐる地域精神保健活動のガイドライン 斎藤環(精神科医)による「社会的ひきこもり」の定義 「20代後半までに問題化し、6ヶ月以上、自宅にひきこもって社会参加しない状態が持続しており、ほかの精神障害がその第一の原因とは考えにくいもの」 (斎藤環著『社会的ひきこもり 終わらない思春期』PHP新書 1998年 ISBN 4569603785 より)
“思春期の問題である” (同書より)
“「社会的ひきこもり」という言葉は Social withdrawal という英語の直訳でいかにもこなれていない感じ” (同書より) 塩倉裕(朝日新聞社記者)による定義 「対人関係と社会的活動からの撤退が本人の意図を超えて長期間続いている状態であり、家族とのみ対人関係を保持している場合を含む」 (塩倉裕著『引きこもり』 ビレッジセンター出版局 2000年 ISBN 4022614315 より)
オーストラリア Association of Relatives And Friends of the Mentally Ill の定義
“Apparent reluctance to participate in "normal" interpersonal contacts of day to day life and retreat into one's own comfort zone.”(日常生活における「一般的な」個人間の交際に関わろうとする様子が見られず、自室のような快適な空間に逃げ込んでしまうという状態)
参考:アメリカでの理解
“'Social withdrawal' is only one of many illness aspects that overlap with the results or symptoms of having chronic depression.”(慢性的鬱病が引き起こす症状の結果と考えられる病的側面の一つ)


[編集] 状況
[編集] 日本
100万人〜200万人といわれている。男女比はNHKのネットアンケートによると54:46である。
[編集] 日本以外BBC が、日本の引きこもりについての番組を放映した時に、多くのイギリスの視聴者から同様の経験を持つコメントが寄せられた。 
同様の現象は、韓国、台湾、香港、アメリカ合衆国、オーストラリア、イギリスなど、多くの先進国で存在すると見られている。

[編集] 概要
[編集] 精神分析的アプローチ
他者や社会との関係をうまく築くことが出来ない状態については、児童精神分析家アンナ・フロイトが、親や自分の周囲の人間とうまく係われない、問題を抱えている子供達の研究をして、彼らがその問題を解決するためにとっている策略、工夫を防衛機制と名づけたが、その中に「引きこもり、逃避」も含まれている。
ちなみに、これ以外の場合は、適応機制、不適応機制という。


[編集] 原因
この現象は複数の原因が存在すると考えられる。

家族関係のトラウマ、過干渉などから自己肯定感を持てずに成長し、 若成人は、1. 現代日本の資本主義社会に圧倒され、 人生に絶望して行う自傷行為、或いは自分が目にしたくない現実、不快な人達、場所、集団を見ないで済ませる為に、部屋に閉じ篭ると言うものであり、 2. 建前(公の態度)と、本音(真実の自身)を合理化して、社会・ある状況から期待されるべき役割を見いだすことへの困難を持つ場合


傾向
[編集] 日本
一般的な日本社会における現象の普及傾向1. 戦後社会による経済成長により、親が成人した子供を養える。低所得家族には起こらない(或は、早い時期に終わる);生活の為に社会で働く必要がある為2. 日本人の親は、子供の孤立した状態への移行の認識、対応が不適切。 或は、共依存状態に陥る。
日本の社会の概念;甘えの影響 3. 親・祖父母世代との差異:? 経済構造の変化(経済成長期→不況、停滞期、アウトソーシングの一般化など)により、学歴主義における価値観の変化 ? その派生として、明確な人生設計が出来ないこと が、社会から引き下がる状態(引きこもり)を創っている

[編集] 精神医学的見解
発達障害:広汎性発達障害(PDD)、神経発達障害(neurodevelopmental disorder ), 注意欠陥・多動性障害 (ADHD), 注意欠陥障害 (ADD)学習障害 (LD)との関連性が指摘される日本は広汎性発達障害の発生率が西欧諸国より高い3.3% :日本 男性1% :ヨーロッパ 男性1% :アメリカ合衆国 男性実際には、日本社会と欧米社会では、社会構造の特異性により PDD 症状に違いはある


[編集] 傾向
[編集] 日本
一般的な日本社会における現象の普及傾向1. 戦後社会による経済成長により、親が成人した子供を養える。低所得家族には起こらない(或は、早い時期に終わる);生活の為に社会で働く必要がある為2. 日本人の親は、子供の孤立した状態への移行の認識、対応が不適切。 或は、共依存状態に陥る。
日本の社会の概念;甘えの影響 3. 親・祖父母世代との差異:? 経済構造の変化(経済成長期→不況、停滞期、アウトソーシングの一般化など)により、学歴主義における価値観の変化 ? その派生として、明確な人生設計が出来ないこと が、社会から引き下がる状態(引きこもり)を創っている

ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer