spacer
spacer

沖縄のビーチ:沖縄環境問題

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄の気候と暮らし
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄のビーチ:環境問題
spacer
沖縄のビーチ:環境問題

■沖縄のビーチ
沖縄のビーチは透き通る波打ち際に色鮮やかなブルーが広がると一般に考えられているのは皆さんもご存知かと思います。
そんな素晴らしいビーチは必ず管理センターが存在し定期的に清掃が行われ常に観光客がきても恥じることのない様にと行
われているのです。
自然のビーチは流木や貝殻が綺麗な形で流れ着き常に波打ち際も自然の波紋が広がっているのです。
沖縄県でその様なビーチは実際には少なく村や公民館の裏手にある海岸沿いなどが自然なビーチといえるかもしれません。


■汚れ続ける沖縄の海
沖縄の海が汚れていくのは観光客が残したゴミより地元住民が捨てたゴミの方が断然多い。これはゴミを見るとすぐにわかります。漂白剤の容器や洗濯洗剤のポリ容器。(大型サイズ)なども流れ着いているのが現状です。
沖縄本島南部の旧知念村周辺では人工ビーチは観光客も訪れるので常に整備されビーチでのバーベキューが禁止されているところもあります。しかし、このビーチより車で15分ほど走ったビーチではゴミの山となっておりテレビや洗濯機などの不法投棄も行われています。これが沖縄の汚れたビーチの現状です。ウミガメはビニール袋をクラゲと間違え食べてしまい死んでしまうということも多いです。


  


■移住者の貢献とは・・・。
沖縄移住支援センターでは定期的にビーチの清掃活動を行い沖縄の海を綺麗に保とうと移住者と共に励んでおります。
過去、移住者が多大なる迷惑を沖縄県民の皆さんにかけ続け問題を起こし続けてきたという事実と移住者が出来ることの中に
沖縄への貢献という意味も込め、ビーチの清掃や地域への貢献を沖縄県の各エリアで行っております。
移住した際は是非、小さなゴミで結構ですので沖縄ありがとう。の気持ちを込めて清掃活動を行っていただければと思います。


■海の宝石:サンゴの産卵
サンゴは満月の夜を中心に5月から8月にピンク色をした卵を産卵する。

           
 



ページトップ
会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright1996-2006沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer