spacer
spacer

沖縄移住団塊世代:沖縄移住計画 団塊世代

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
移住者インタビュー
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer 
ホーム > 移住起業インタビュー> 団塊世代 奥田さん
spacer
団塊世代インタビュー
団塊世代が語る本気の沖縄移住と団塊世代について


氏  名 奥田 忍さん
出身地 京都府
@沖縄へ移住を決めたきっかけは?
今までの沖縄は、観光での沖縄でしかありませんでした。 何度が行く内に、気候や、時間の流れが自分にとって合うような気がしたのです。
現在の住まいは京都ですが、京都の夏は蒸し暑く、冬は底冷えのするのです。
年齢を重ねていく内に、京都の寒さが耐えられなく感じてきたのです。
そして、自分の夢の実現には、沖縄の風土が一番適していると思いました。
夢の実現には問題もありますが、この地なら出来ると確信したのです。
A沖縄へ移住するにあたり一番調べたのはどんな点ですか?
・住まいの情報
・高齢者のアルバイト・パ−ト情報
・治安に関する情報
・地域の特性に関する情報
・基地に関する情報
・物価に関する情報
・物流に関する情報
・商店・専門店・飲食店等に関する情報
B沖縄の文化や風習に抵抗がありますか?(現時点で)
抵抗はありませんが、地域で生活するようになれば、きっと問題は出てくると思います。
D移住後の生活はどのような生活をしたいですか?
規則生活を基本に収入(アルバイト等)や地域社会への貢献(ボランティア)や情報収集や人脈作りや観光等を考えています。
E移住してからの(趣味・夢)はありますか?
趣味は、サッカ−観戦で、以前藤吉選手が京都サンガに在籍していた関係で、FC琉球のサポ−タ−になります。

 夢は、計画段階で具体的には決まっていませんが、30年弱障害者福祉関係の仕事をしてきました。
その延長線上で、学習障害・引きこもり・不登校等の人達に自信を付けてもらう為と、きっかけのチャンスを与える為のプログラムと受け入れ側のコ−ディネ−タ−組織を作る事です。 
仕事は、夢の実現までの間ですが、アルバイトを探します。
特に、特殊技術や専門的な資格がない私としては不利だと思いますが、もっともっと情報収集して収入
も得て、沖縄の地で生きたいのです。(大型・2種免許はないが運転は好きです)
生きるという姿勢ではなく、生き抜くという強い姿勢がなければ挫折すると思っております。



会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright1996-2006沖縄移住支援センターallrightsreserved 
 
spacer