spacer
spacer

沖縄海物件 マンション アパート

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 >沖縄海物件【マンション・アパート】
spacer
沖縄海物件【マンション・アパート】


■沖縄人は海のそばには暮さない?
沖縄の不動産物件で海の近くや海が見える物件は決して多いとはいえません、移住者の多くが沖縄の青い海に憧れて移住しています。沖縄に暮らす沖縄人(うちなーんちゅ)は海のそばで暮らす人は比較的少ないです。
それは沖縄の気候や避けては通れない現実があるからです。沖縄の海のそばで暮らした場合のメリット・デメリットをまとめてみました。


    


                        【スローライフを感じさせる沖縄の海】


■海のそばで暮らすメリット
1.本土にはないエメラルドグリーンやコバルトブルーの海が毎日見る事ができる。
2.毎日海に入れる。釣りやボートなど趣味が広がる。
3.海に行くまでの距離が短く日常の中に自然を感じる。
4.西海岸でも東海岸でも沖縄の海が見える場所では日が入りやすい。
5.精神的な癒しやバルコニーからの開放感を味わう事が出来る。



■海のそばで暮らすデメリット
1.潮風が強く車(早いと3週間で錆始める)や金物など全てが錆びる(本土の倍以上かもしれない)
2.洗濯物が常にジメジメしている。除湿器がないとカビが発生しやすい。梅雨時はカビと潮風との戦い。
3.津波がきたら100%助からない。(沖縄県は遠浅なため津波がきたら間違いなく流されるでしょう)
4.海に見慣れてしまった際には塩害に耐え続けるだけの生活となる。
5.海の目の前の場合、台風の際は避難しなければならない。(他人の家か消防署・隣町の自治体に相談、市町村に相談しましょう。)台風・津波の際には戸建てならば家を捨てる覚悟ぐらいはしないとならない。(海の目の前など)
6.西海岸の場合、年中西日の生活となる。(西日と塩害は覚悟を・・)
7.東海岸の場合、平均気温22度の沖縄。長い夏場は熱い日差しを朝から浴びるので朝から昼までは覚悟しなければならない。


           【小さな傷でも直ぐに錆びて穴があく、台風の時は波を受ける場合もある】
   

※画像は参考例です。台風の画像は2007年7月の台風4号の実際の画像です。




ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer