spacer
spacer

沖縄移住生活

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 >沖縄移住「私」生活
spacer
沖縄移住「私」生活


■青い海に憧れて移住した方々、温かい気候を求めて移住した方々、子供に奇麗な海を見せながら育てたい、そんな理想を抱いて移住した方々のご意見や実際に移住してみて移住当初と移住後の現在で何が違うか移住して気付いた点について聞いてみました。(沖縄移住支援センターで支援させて頂いた数多くの方々にお聞きしました。)


                沖縄移住「私」生活




●移住してから1年未満の方々で多い意見
・青い海が好きで移住し毎日海へ行き泳いだが移住して半年もすると海には行かなくなる。
・海や街・気候に少し慣れてくるとやはり所得が気になりだす。それと同時に内地の豊かさが目立つ。
・半年以上いると沖縄そばや沖縄料理などの味が少しづつ馴染んでくる。
・方言がわからないが何となく言っている事がわかってくる。
・物が錆びるのが早い。(車・バイク・金物全て)
・学校の購入物が高い。
・交通費が出ない会社が多い。
・ゴキブリがデカイ。
・バイクが沢山走っている。
・事故が多い。
・弁当が安い(大盛り300円台)。
・豚肉を食べる県だが豚カツ屋が少ない。
・水がおいしくない。
・水屋さんが異常に多い。(水専用自動販売機もある)
・ジュースが100円・110円は当たり前。60円の自販機もある。
・ガソリンが高い。
・洗車場が少ない。
・朝夕の渋滞が凄い。
・人間関係で疲れる事がある。(言葉が通じない・言葉がキツイ)
・優しい人もいるがそうでない人もいると気付く。
・いい加減(テーゲー主義)な場面をよく見る事があり辛くなる時がある。



                  沖縄移住「私」生活



●移住して1年以上3年未満の方々で多い意見
・移住して3年ぐらいすると沖縄の文化や風習が見え始め様々な違いに気づく。
・米軍の問題を共に考え始めてきた。
・所得の低さで将来が不安になる。
・食文化にも慣れはじめ沖縄の食材が手軽に手に入るので沖縄の料理を食べる機会が増える。
・沖縄人を見ていて「テーゲー主義・なんくるないさー」が自分も我慢・理解できる様になってきた。
・移住した当初は海へ行ったりしたがあまり行かなくなる。(ほとんど)
・観光地へ遊びに行くことが多くなった。その他、友人・親戚・親兄弟などが旅行で来ると必ず案内係。
・沖縄そばを週1回は食べたくなる。美味しい店や自分に合った店を把握してきた。
・本島に住んでいると離島へ行きたくなる。(遊びに行くなら本土ではなく離島が多い)



                    沖縄移住「私」生活



●移住して3年以上5年未満の方々で多い意見
・県内の道も覚え、方言も話せはしないが聞いてわかる様になった。
・性格がのんびりし始めた。小さな事はどうでもよく感じてきた。(本土にいる時は小さな事でも許さなかった)
・雨の多さに驚かされる。
・台風の強さに慣れてきた。(対策もわかる様になった)
・ビールの後は必ず泡盛になる。
・エイサーやハーリーなど地元の行事に参加する様になった。(観客ではなくなった:積極的に参加)
・沖縄の狭さを実感する(人間関係・知人・友人・親戚などどこで繋がっているかわからない)
・模合いに呼ばれる様になった。(友人が増え始めた)
・ジョッキの下には必ずおしぼりを敷く癖がつく。
・自然に○○しとこうね〜○○さぁ〜と言えるようになる。
・生活はもううちなーんちゅ(沖縄人)になり島ぞうりに半袖、半ズボンで出かける事が多い。
・雨もきにしないで歩くようになった。(笠をささない)
・うちなーんちゅ(沖縄人)の友人ができて手作りの沖縄料理や風習で食べる食べ物を頂くようになった。
・沖縄のゆいまーる精神や人の温かさを感じることが多い。
・娯楽の少なさを感じ始めた。
・趣味がないと週末のする事がない。(飲むしかする事がない)
・三線など習い事を始めた。



                     沖縄移住「私」生活



●移住して5年以上10年未満の方々で多い意見
・沖縄にも慣れ県内の1年の行事も把握してくるので1年が楽しくなる。
・県内の問題に対し考えたり共にボランティアなどで動くことが増える。
・沖縄の人との付き合い方がわかってくる。
・酒に強くなった。(酒=泡盛となる)
・沖縄の青い海が当たり前(奇麗)なのではなく内地の海が異常に汚れていると感じる。
・夏の暑さに慣れるが外はまず歩かない。
・本土に行く用事がある時に都会へ行く感覚を覚える。
・本土へ行って沖縄に戻ってきたときに「安心」する。
・沖縄の治安の方が良いので本土の問題を遠いところの問題に感じる時がある(少年犯罪など)。
・本土の食べ物が食べたくなる。(全国各地の特産物や故郷の食べ物など)。
・本土の良さ、故郷の良さ、沖縄の良さを落ち着いて考える様になってきた。
・将来の事を考えることが多くなった(本土に戻るかこのまま沖縄にいるか)。





ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer