spacer
spacer

沖縄移住学校生活:家族移住

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 >家族移住:学校教育編
spacer
家族移住:学校教育編


■家族移住のタイミング
子供の学校時期(新学期・夏休みなど)に合わせるか親の都合に合わせるか?子供にとっての移住時期はいつ頃が良いかという事に悩む方は多数いらっしゃいます。
大人にも大人の世界があるように子供にも子供の世界が存在します。それでは子供の世界と大人の世界の違いについて考えてみましょう。
子供は大人と違い順応性に優れており環境の変化には対応しやすいのが特徴的ともいえます。しかし、大人と違い環境になれるのには早いが精神的にその環境を維持するのに神経が続かないと考えれれます。
この様なことから沖縄移住支援センターでは家族移住でお子さんがいらっしゃる方は極力、長期休日(夏休み)などの期間より3週間前に移住し学校に通っていただいております。
子供の精神的持続力(精神耐久性)は長くて3週間が平均と考えられます。慣れ始めると同時に環境の変化から見える地域性の違いなどがあり、子供なりのストレスが増幅しやすい頃に長期休日に入る。
つまり、3週間学校に通えば休みだ!と考えると気持ちが楽になると考えます。その後、長期休日後は休日中に仲良くなった友達と新学期登校するので通いやすいのです。


■必修科目の違い
沖縄県では一部小学校で英語が必修教科となっています。本土にいる時は、英語は中学生から学ぶものと考えられていたのにも関わらず移住して(転校)して急に英語がスタートすると周りの子供達と比べると3年、4年と学力の違いに苦労することになるのです。移住するエリアの学校は英語が必修かどうか、学校に電話し調べてみましょう。




ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer