spacer
spacer

沖縄戦 沖縄戦真実

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報>沖縄戦と島民の苦しみ
spacer
沖縄戦:沖縄戦と島民の苦しみ
沖縄戦の事実を知り二度と戦争は起きてはならない。そんな願いも込められた沖縄戦のページです。


■沖縄戦と島民
第32軍・沖縄守備軍が首里城下にあった司令部を放棄し南部へ撤退を開始するころには、日本の海・空軍もほとんどその戦力を失っていました。
 戦艦大和を主軸とする日本海軍の誇る艦隊は、わずか二時間で海のもくずとなって消え去り、空軍もまた4月上旬から中旬にかけての三次にわたる総攻撃で戦力の大部分を失っていました。
 沖縄守備軍の南部への撤退に乗じて、沖縄戦における日本軍の残酷さ、醜さを見せつけます。傷兵よりも弾薬や兵器が当然のように優先され、各地の野戦病院に収容されていた傷病兵を手榴弾や薬品によって処置、つまり殺害することが決定されます。
 南風原の陸軍病院では約二千人の患者が青酸カリによって自決させられたといわれていますし、その他の病院でも処置という名のもとに殺害された傷病兵の数は5〜6000人にのぼるといわれています。
 戦局も終末的状況を迎えていたなかで開始された沖縄守備軍の南部地域への撤退、そして、その撤退する沖縄守備軍をたよって南部へ移動する一般住民が加わります。南部への避難とはいっても、南部地域の自然壕にはすでに多くの住民が避難しており、この狭い地域に軍民合わせて十数万人が押し込められることになるのです。このような極限状態のなかで日本兵は一般住民を守るどころか、あろうことか着のみ着のままで身をひそめている住民を壕から追い出したり、食料を強奪したり、スパイ容疑で殺害するなど鬼畜さながらのふるまいを演じます。そぼ降る雨の中を泥まみれになって、アメリカ軍の砲弾をかいくぐってやっとの思いで逃げのびてきた一般住民は、飢えを生き地獄の南部戦線をさまようことになるのです。
 一方では、沖縄守備軍の撤退作戦と行動をともにせず壊滅した部隊もあります。大田実司令官率いる小禄飛行場の海軍部隊です。那覇の南側にあった小禄飛行場(現自衛隊基地)の北側に水陸両用戦車でつぎつぎと上陸をはじめたアメリカ軍は、空から艦載機の支援をうけながら、日本軍の海軍部隊を前から襲いかかったのです。ほとんどの戦力を失った海軍部隊の大田司令官は、豊見城の司令部壕で自決する直前に、海軍次官あてに打電したのが「沖縄県民かく闘えり、県民にたいし後世特別の御高配をたまわらんことを」のことばで結んだ一文です。その一文のなかには、陸・海軍が県民のことをかえりみなかったこと、県民は勤労奉仕、物資節約を強いられるなか、滅私奉公の精神に順じたこと、にもかかわらず沖縄は完全な焦土となろうとしていました。


■沖縄戦の真実
軍民が一体となって戦局に臨んだことを伝える資料とは全く逆の状況を伝える資料も残されています。それによると、敵機(アメリカ軍機)が千機も来襲したというのに飛びたった日本軍の飛行機がただの一機で、ほかの人たちはみんな民家の防空壕を占領して逃げ込んだため、県民は入ることはできなかったこと、婦女子が辱めをうけるなど軍紀が乱れていたこと、島民は邪魔だからぜんぶ山岳地に退去せよ、そして勝手めいめいに生活のしかたを考えろ、などの指揮官の長某「新崎盛暉『沖縄の歩んだ道』―細川護貞『情報天皇に達せず』より引用」の暴言などが記されている。
 

■共に考え共に祈る
この記事をご覧の皆様が移住された際には是非、糸満市平和記念資料館へ足を運んで頂き沖縄戦の事実を知った上、石に名を刻まれた多くの方々が安らかな眠りにつける様、そして二度と戦争のない社会になる様に祈って頂ければ幸いです。


■動画で見る沖縄戦


        


                   糸満市平和記念公園


  日本軍の魚雷  米軍戦車  平和記念資料館
     旧日本軍の魚雷     米軍戦車(キャタピラ)     平和記念資料館

  戦没者の名が刻まれた石  平和記念公園  平和記念公園
   戦没者の名が刻まれた石

  平和記念公園  平和記念公園  平和記念公園

    


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ


copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer