spacer
spacer

沖縄日差し 沖縄日差生活

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 >沖縄生活:日差し編
spacer
沖縄生活:日差し編


■焼ける様な暑さ・・・。
沖縄の夏は非常に日差しが強く焼ける様な暑さです。車を運転していても右ハンドルの場合、右腕が常に太陽の日差しを浴びているので日差しで痛くなります。
そんな厳しい日差し・・・・。この日差しを最も強く受けるのが「車」です。そして黒・紺などのダーク系(濃い色)なのです。
沖縄で黒や紺色の車を乗る場合は色がはげる・汚れやシミが残るのは避けられません。
夏場に白と黒の車の室内温度を測った場合、約20度ほどの温度差が発生します。ここで注意する点!お子様がいらっしゃる方は必ずアルミシートカバーを購入する事をおススメいたします。
沖縄の強い日差しを朝から浴びている車は室内温度が上昇しチャイルドシートやジュニアシートの金具部分が焼けどをする程の高温になっているからです。(生後6ヶ月の赤ちゃんが火傷をしたというケースがあります)



■鳥の贈り物
強い日差しでもやはり黒や紺色などの車に乗りたい方は駐車場周辺に花や木がないことを確認してください。
鳥が花や木にとまり「フン」をするからです。
鳥のフンは酸性が強く車の塗装を焼いてしまうのです。これに付け加え沖縄の照りつける強い日差しがこの酸の勢いを強めるのです。
鳥フンが付着して日差しが4時間当たった場合、間違いなく塗面(ボディー)はシミになった様に焼けます。



■夏は下駄履きしかし危険?
一階部分が駐車場になっている建物を通称「下駄履き」と言います。この様に駐車場に屋根がある物件でしたら鳥フンや強い日差しに困ることはありません。しかし、沖縄の物件建築強度は低いです。(東京10:沖縄7)
ワンスパン(建物が物件)は地震があったら倒れやすいです。せめてツースパン(ワンスパンを2つ横に合体させた構造)でしたら少しは安全。しかし、強度が低いので気休め程度にしかなりません。


                 下駄履き物件            被害にあった車のボディー
            下駄履き物件         被害にあった車



■よそ見は事故の元!
沖縄では夏になると様々な場所(道路)でアルバイトの女の子がアイスクリームの販売をみかけます。この様に道端で販売する人が多いのも沖縄の特徴とも言える光景です。その他、300円弁当や400円で弁当・味噌汁・漬物セットなどボリューム満点のお弁当屋さんが道端で販売しています。北谷町のハンビーマーケット周辺でもハンビー日でなくとも中学生や高校生が道端でフリーマーケットを行っている時があります。だからといって警察が来て補導という事もありません。(これも沖縄らしさです。)

※その他、夏場以外でもクレープやたこ焼きなど道端や公園で販売しています。



■夏はぜんざい!
夏に近づくと沖縄ではぜんざい屋が大手デパートのエスカレータ付近で販売を開始します。沖縄の人達は「ぜんざい」が好きなのか並んで買う光景をみます。この有名ぜんざい専門店は300円でノーマルぜんざい(白玉3個)です。白玉1個追加につき10円というサービスを行っています。



■海に入らないのが沖縄人
沖縄の方々は炎天下にビーチにはほとんど行きません。(若者は除く)
炎天下にビーチでアザラシの様になって寝てるのは観光客ぐらいです。沖縄の人達は肌を焼くという行為はしません。沖縄の人達がビーチに行く時間帯は4時以降など日差しが落ち着いて夕暮れ時に近づいたときに海に行き3時間程度で帰る方が多いようです。


   沖縄の海


ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer