spacer
spacer

沖縄生活事情 沖縄日常マナー

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!  ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 >沖縄日常:マナー編
spacer
沖縄の日常:マナー編


■沖縄の自動車マナー
沖縄の自動車マナーは良いとは決して言えません。道を譲らない・少しでも隙間があれば無理やり割り込む・車間距離を空けない・など道路交通法違反?とも思える運転者が非常に多いです。
車社会の沖縄では我先に!という姿がうかがえます。信号黄色は交差点に進入し車の頭だけでも割り込ませ何が何でも信号は突破する!という光景は朝・夕は当たり前の光景です。


             交通渋滞


■マナーの悪さで引き起こる事故

沖縄では2輪車の事故が異常に多い。この原因は3つ考えられます。
@アスファルトの原料にサンゴの粉末石灰が使用されているため滑りやすい。
A沖縄ではアスファルトより砂利整地が多いので路面に抵抗が少ない。(革靴でも雨天時は滑ります)
Bバイクは車両の両脇を減速せずにすり抜ける。

このB番ですが右にウィンカーをあげて曲がろうとしているのに右からバイクが入り込み左に抜けて行く・・・。
ここで目視を怠った場合は「巻き込み事故」となってしまいます。
この車両の脇をすり抜ける行為は日常茶飯事の出来事です。以前、車両の右側(中央線)の上をかすめて走り去ったバイクが対向車泉から右に曲がろうとしたバイクと正面衝突したのを目撃しました。
3年半前には沖縄移住支援センター代表者の阿部は浦添市58号線の県道で赤信号で停車していると反対車線の2tトラックがアクセルを思いっきり踏み込みながら隣車線の車を追い越そうとしてスリップし中央分離帯を乗り越え突っ込んできたというもらい事故があり一つ間違えれば即死でした。
この様に沖縄での車のマナーは決して良いとはいえないのです。運転マナーからは「のんびり」している姿はうかがえません。



■沖縄県は全て庭?
沖縄県の道路は全て庭か?と思える光景を目にする時があります。前の車と偶然同じ方向に20分ぐらい走ったことがあります。黄色信号全てを無理やり入り込みウィンカーをたてないで曲がりまくる人が1週間に1度は見ます。週1のペースで見るのは相当多いと感じます。
つまり基本的にウィンカーをたてない人が多いという事です。
庭で運転してるかの様な運転です。この様な運転が多いのは40代50代女性が多いです。
※全ての人がそうではありませんので誤解なさらないで下さい。



■米兵車両には要注意!
沖縄県には数多くの米軍施設が存在し米兵が駐留している。この米兵が個人所有する車は”Y”ナンバーで区別され陸運局の許可を得て運転されている。このYナンバーの車と事故を起こすと大変な事になる。事故処理は日本の警察と米軍内の警察が現場検証し事故処理を行う。日本語のわからない米兵に対し日本語のわかる米軍内警察と英語のわかる日本の警察が通訳しながら現場処理を行うのです。つまり、事実と異なる様な場合が面倒な事になる。本当の真相(原因)を知るのは事故を起こした当人のみである。旅行も含め沖縄で運転する場合はYナンバーには気をつけたいところである。


          沖縄の日常 Yナンバー

ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer