spacer
spacer

沖縄フェリー,フェリー,カーフェリー

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター  
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報 >沖縄車輸送:カーフェリー
spacer
  沖縄カーフェリー輸送.フェリー                                   



■沖縄行きの港 
沖縄行きの輸送船は各県庁所在地か大きな港町に限定されています。車を輸送する際に最寄の港から日の何便の沖縄行き車輸送カーフェリーが出航しているかを調べるのは大切です。
沖縄行き車輸送船が多く出ている港は他の港より車の輸送費が安いです。


【安く車を輸送するポイント】
国内の海上輸送する運航会社は限られています。配送業者やチケットの安売りなどを行う業者など様々な企業が海運に関する事業をしていますがこの様な取次店に依頼しても大した安く輸送することができません。最も安価に車やバイクを輸送するにはこの様な中間コスト(マージン)をカットするのが最安値と言えるでしょう。つまり、海運業者(カーフェリー会社)へ直接申込みをするのです。

沖縄まで車を運んでくれる海運業者
・フジトランスコーポレーション http://www.fujitrans.co.jp/


■こんな港はお得です
川崎港・大阪南港・尼崎港は毎日便が出ているので比較的安いです。
安いルートを個人で探すにはその港から目的の港まで出ているカーフェリーの本数や他カーフェリーの積荷などを調べると良いです。これ以上、安く運ぶ場合は個人では不可能でしょう・・。



■車のサイズや生産国(アメリカ・イタリア)などにもより料金が違う。
車を輸送する際は海上車両保険に加入しなければならない。
これは現状の車の査定金額に対しかける保険で50万円に対し200円が相場です。
次に外国車は基本料金が国産車より割高です。と、言っても5000円程度。(車種によります)
通常は2割増しが相場。




■車輸送の事前準備
沖縄へ車を輸送するときに注意しなければならないのは車の車高です。車高が低い車は搬入時にカーフェリーに載せれない場合があります。最低地上高は守りましょう。
前項でも挙げましたが運転席に乗車したときに後方確認が出来ること。など積載に厳しい船会社もあります。
次に車の整備です。カーフェリーで輸送する期間(2日〜7日:北海道と九州では違います)にバッテリーが上がってしまう・・・。という事になると最悪は牽引が必要になります。その際はレッカー代金が発生する場合がありますので搬入前には必ず量販店(イエロー○ット・オートバ○クス)での無料点検を行いましょう。




■車輸送時の4つの注意点
@車高が低すぎるとフェリーに載せることができない。これは車高の低い車がコンビニに入ろうとして段差でガリガリとバンパーをこするのと同じでカーフェリーに搬入する際に低すぎて入らないのです。車高を低くしている車は標準の高さにしましょう。


A車の傷はしっかり確認!車を港で預ける際は搬入先の方と車の傷チェックを行います。この際、しっかり確  認しておかないと後々問題になるケースもある。こんな所に傷はなかったのに・・・。こんな凹みはなかった・・・。など後から無いように確認しましょう。その他、輸送元と輸送先(沖縄)の温度差がある場合やフェリー内の温度の差などでガラスにヒビがある場合は広がる可能性があります。
ガラスに傷がある場合はガムテープなどで保護しておきましょう。(運行上、保障の適用外となります)


B車内には絶対にガスやライターは入れない!カーフェリーの搬送ライン(積荷室)はカーフェリーの一番下の層にあります。ここは非常に高温で室内が熱伝導で暑くなりライターやガスボンベが爆発する可能性も考えられます。特に夏場は危険です。


C車内にガラス製品をそのまま積載するのは危険です。またこの際に破損しても保証はききません。
  ガラス製品や壊れ物は引越し業者へ任せるか宅急便で輸送しましょう。


■バイク輸送費は軽自動車並み
バイクの輸送費用は全国どこをみても割高。これは車と違いバイクの場合はベルトで固定しなければならないからです。ベルトで固定し解除するのにそれだけ人員が必要になり手間もかかります。そのためバイクは積載スペースを取らなくても輸送費が割高なのです。




■沖縄まで何日かかるの?
東京川崎・名古屋・大阪・福岡などでしたら定期的にカーフェリーが出ています。その他の港はカーフェリー運行会社により日数が異なります。最長で一週間程度。(台風やフェリー会社のヤードの込み具合にもよります。)

※基本的に名古屋などからであれば2日間の海上輸送で3日目の朝には港で引き取り可能となります。


貨物船
入港する貨物船
搬入風景
貨物船内の様子



ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved                                  
 
spacer