spacer
spacer

沖縄の医療

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
沖縄移住ホーム > 沖縄地域情報 > 沖縄の医療
spacer
 沖縄の医療
  沖縄の医療と看護の現実。沖縄医療現場の生の声とは・・・。

■沖縄の医療 
 沖縄県の医療は本土と比べると格段に劣っていると皆口を揃えていいます。(大きな病院=設備が整っているから安心ということなのだろうか・・)
那覇市では那覇市立病院・沖縄県立病院が最もレベルが高いという人もいるようです。
 沖縄の医療、沖縄本島と離島ではどうでしょうか。沖縄本島は離島と比べると医療のレベルは高いと言われています。離島の医療での心配は最新の設備が整った病院が無いというのが一番の問題点です。離島で大きな病気やケガの場合は沖縄本島の病院へ行きます。沖縄で病気・ケガ=沖縄本島。これは今も昔も変わらぬままです。最近、石垣島で住民が医療に対し「不安」だという声が挙がってきています。不安を訴えているのは産婦人科に通う妊婦さんです。
 先月まで医師がいたのですが最寄の病院に産婦人科医師が1名のみになりとても不安です。もし、陣痛が来て病院に行くのに石垣中心部の病院へ行ってくれという事になったらこの辺りからでは1時間はかかります。間に合わない場合はどうなるのか想像するだけで不安です。石垣島の医療は産婦人科以外でも内科や外科など多くの医師が不足していると思います。と石垣島移住暦13年になる方がおっしゃってました。実際に暮らす方々が不安に感じる沖縄医療。移住地選定には大きなキーワードになると思います。又、50歳以上の方々の移住には必ず医療というキーワードは絶対的な事柄です。


■未熟児が危ない
 2007・10・8の新聞記事より、北部地域の妊婦のほとんどを受け入れている北部病院で病床が満床になり、この影響で中部病院では異常分娩の恐れのある中部地域の妊婦を南部地域の病院に受け入れてもらう”玉突き”が発生している。南部でも満床となり県内の産科医療は全県的に未熟児の受け入れが困難となっている。
 北部に移住したはいいが未熟児で生まれて病院は南部となると問題が発生するでしょう。家族は高速を使い南部まで行くとなれば2時間は見ておいた方が良い。移住前には病院や受け入れ態勢なども問い合わせておくのが良いと思います。


※年配移住者は健康診断を受けてから移住することをお勧め致します。移住前(1週間前)に倒れて移住を延期する方もいらっしゃいます。


※沖縄の医療機関を知りたい方は「お医者さんガイド」というサイトで調べてみてください。沖縄県内の各病院も検索できます。



■備えあれば憂いなし
沖縄県の様な低所得の土地で一家の大黒柱が倒れたら生活はしていけません。必ず加入しておきたいのは生命保険。沖縄移住支援センターでは移住者の衣食住をサポートさせて頂く中で保険に関してのアドバイスも出来るように代表者は損害保険の資格を保持しています。その他、生命保険に関する内容は沖縄県でも信頼性があり加入者の多い住友生命様をご紹介させて頂いております。(沖縄移住支援センターではご紹介してもマージンは頂いておりません。)
移住後に保険に関して詳しく聞きたい、移住してから車を買うので保険に入りたいという方はお問い合わせください。(沖縄移住支援センターのご連絡頂きこちらから保険会社へお電話するのも可能です。お気軽にご相談ください。相談料は無料ですので聞いて比較するのがよろしいです


※住友生命保険相互会社:沖縄支社那覇支部
住所 900-0014 那覇市松尾1−10−24(住友生命那覇ビル4F)
電話 098−866−6537 FAX 098−869−1671        担当 新垣理恵さん 



■保険料はどれぐらい?保険は必要か?
保険は保険会社が近くにあり担当者とすぐに会える環境が理想です。何かあっても電話とFAXだけで大きなお金の話は不安なものです。保険料は通常、基本料金的なものの他にオプションがあります。このオプションはお客様の年齢やお体の状態などに合わせて付け加えるものです。このオプションの数により保険料も変わります。
例えば、20歳の若い方であれば一般的な生命保険のみでも良いと思います。保険料も安いですし。
しかし、30歳以上の方は様々な病気や怪我を考えがん保険や糖尿病・脳梗塞など大きな病気や怪我、入院費用も考えオプションを選ばなければなりません。
具合が悪くなり病院へ運ばれた後に保険に入っていない!となれば沖縄移住どころか暮らしていく事すら苦しい状態になります。






ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright1996-2006沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer