spacer
spacer

沖縄移住

 
 
alt 唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!         ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター  
alt
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報>失敗しない沖縄移住計画
spacer
失敗しない沖縄移住計画
沖縄移住支援センター代表者、阿部が語る沖縄移住の成功の法則とスローライフ。


■移住の苦労と現実
沖縄へ移住して苦労することは様々あります。4000人以上の移住者の支援と1万人を超える方々の相談を受け続け様々な苦労を見てきました。その中でも多いのは人間関係、沖縄の方々とのコミュニケーション、同じ移住者同士でのコミュニケーション、低所得による夫婦間での問題、子供の学校での問題(環境変化)などが多く挙げられます。移住先を変えるだけで人によっては大きく変わる場合があります。
例えば、田舎へ移住すると近所付き合いや子供の学校など人間関係に力を注がなければなりません。小さな行事でも参加したりと大変かもしれませんが出席するのが普通です。逆に出席しなければ様々な問題が出てくるでしょう。
それに対し都会での生活は地域の行事などでの人間関係は少ないが同じアパートやマンションなどの住人が移住者ばかりの場合などは本土と変わらない問題が出る場合が多い、よく言われるのは挨拶もお互いにしないので本土で暮らしているのと変わらない生活をしているという方です。移住したら沖縄人が近所に住んでいて温かく方言で会話したり沖縄の雰囲気を味わいながら暮らすと考えていたにも関わらず理想と違ったり地域性を理解しないで海の近くだからと田舎に住んで閉鎖的だったり近所付き合いで精神的に疲れるとい事もあります。沖縄移住ブームと言われた時代はマスコミや一部移住支援会社(楽園移住をすすめる企業)は沖縄=楽園と謳う事が多く一般ユーザーは沖縄に行けば楽しい南国生活ができると夢を抱いて移住しました。
そんな中、沖縄に行けば楽園があるとは限らない、県民は低所得の中、必死に生活している。失業率も高いこの島で初任給からスタートする大変さや沖縄の歴史も含めた厳しさを全て公開してきました。
時には「そんなこと(移住者が帰る現実)を公開されては困る」と嫌がらせをされたり、急成長している企業とマスコミで取り上げられた際はTV局とセンターにクレームをつけたりと、厳しい風当たりを受けたこともあります。
沖縄への移住は確かに理想かもしれません、温かい気候に美しい海、日常とはかけ離れた時間を感じるかもしれません、しかし、それと代償に低所得になるなど様々なことがでてきます。後からこんなはずじゃなかったとならない様に、家族やパートナーと話し合いましょう。
(沖縄へ移住するために家族を置いて失踪移住する方もいらっしゃいます。そんな家族の姿を見続けているからこそ、私は沖縄への移住=楽園移住とは言わないのです。)




alt
瀬長島の海に入りながら携帯で撮影した夕日画像です。(撮影:代表者 阿部)




■描くのが理想、叶えるのが夢。
移住の成功と失敗。何が成功で何か失敗か。沖縄へ移住して長期にわたり暮らす人々と数週間で帰ってしまう人々の意識の違いや考え方の違いについて語りたいと思います。
移住する方々には「短期」「中期」「長期」「永住」という4パターンが存在します。
まずは短期、数週間でも沖縄を満喫しながら気に入ればいつか移住してみたい。派遣会社経由や安宿でアルバイトなど雑誌で求職活動を行うパターン。中期の移住、3ヶ月以上3年未満を目安に正社員ではなくアルバイトで沖縄を満喫したいと考える中期パターン。長期の移住3年以上10年もしくは飽きるまで住み続けるが帰る事が前提で沖縄に暮らし正社員だが給与は暮らせるぐらいで構わないという長期パターン。
永住を目的に移住する方々。仕事は正社員、雇用保険はもちろん各種手当や年収なども考える。老後の計画もしっかり考え本土へ戻る事は頭から考えずに骨を埋める覚悟もできているという永住パターン。
この様に様々な移住スタイルがある、世の中の移住失敗と言われれるのは「環境や様々な問題に対応できなくて建てた家を売り払い財産をなくして帰る」方々の移住が失敗と言えるのではと考えます。
長く住めば成功、早く帰れば失敗ということではないということです。全ては人生のストーリーであり、また、大切な沖縄での想い出であると思います。逆に言えばこの長く暮らしたい、失敗は許されない(知人・友人・親戚・前職場などに対する見え方:世間体)という己が作り出すプレッシャーが壁となり帰るきっかけを作りかねないとも言えます。

20代30代の若い方の多くは就職が決まらず資金が底をついて帰る方、年配の方々では本土の土地や家を売り移住して沖縄でも土地や家・マンションを買ったはいいが環境になれることができない、暑さなど気候を甘く見ていたという理由で本土へ帰る方もいらっしゃいます。多くは現実(低所得や濃い人間関係)を知らずに「海のそばでのんびり暮らせるとだけ考えて移住してしまった」方々です。しかし、これで人生が終わったわけでもなく数百万、数千万の損害はあったものの、また次は現実的な計画を立てて沖縄へ移住し次こそ理想の生活が出来ればよいと考えます。(沖縄移住支援センターへ支援をお申し込みになられる方の2割は一度沖縄を後にした方々です。)


■スローライフとは何か?
スローライフ。沖縄にしかないと考える方は多いです。スローライフを感じるメカニズムについて考えてみましょう。暮らしにゆとりがあるということは精神的なゆとりがなければなりません。つまり、低所得で生活が苦しくとも笑える余裕が必要です。給与が手取り12万円で携帯電話の通話料を気にしながらも心は余裕でなければスローライフは味わえません。また、低所得であっても暮らしの中で心が休まる時間を作らなければならないということです。沖縄県でも残業はあります、仕事に追われ生活をしている人も多いです。そんな現実の中でTVで見る様なスローライフを見つけるのは非常に難しいといえます。
基本的にスローライフというのは全国各地どこにでもあるものだと考えます。心が休まる瞬間、温泉やレジャーなど日常とは違った瞬間を味わいまた体を休める。その瞬間にスローな感覚を覚え脱力し快楽と感じるのではないでしょうか。TV・雑誌に出てくる「スローライフ」は沖縄に行けば誰にでも与えられるのではなく、その移住者自身の「しなやかさ」であり、「したたかさ」であると思います。スローライフ=「心の豊かさ」




alt
恩納村のお菓子御殿で沖縄そばを食べながら眺めたビーチです。(撮影:代表者 阿部)




■所得と現実
『沖縄移住』青い海に囲まれて南国生活を満喫したい。移住者の99%がこの様な理由ではないでしょうか。
もちろん、のんびり暮らしたい。自分のペースで全てが動けば精神的に楽ですし生きていて楽しいと感じると思います。問題なのは移住してから現実的な問題が必ず待ち受けているということです。沖縄県の問題、米軍施設の問題、低所得などの問題。この様な問題を現実的に受け入れなければならない。
その中でも低所得の問題は身近な問題と言えます。多くの移住者は所得が減り経済しながら暮らせばなんとかなると考えます。しかし、現実問題、これが何年もとなると大抵は苦しくなり帰って行きます。若い女性は飲み屋へアルバイトへ出る方も多いです。家族のんびり暮らすはずだった方も夫婦共働きで暮らし生き抜いている方も多いです。移住前にシュミレーションをしてみてやっていけるかを試すのも良いと思います。(低所得でも暮らせますかという質問が毎日きますが沖縄で暮らす人々は低所得でも暮らしています。)




■片道切符の恐ろしさ
移住される方の多くは家や財産を処分して沖縄へ移住する。沖縄へ移住し本土へ帰るという結果になった場合、本土にあった家を売ってしまってからではもう遅い。沖縄での生活に慣れるまでは売らずに賃貸などへ回した方が無難と言える。
・石垣島で出会った婦人の話
この話は石垣島へ移住した方が(タクシーの運転手)乗せたお客さんより聞いた話です。
60歳を過ぎた女性を乗せタクシーを走らせた・・・少し走りだすと女性が語り始めた。移住してきたはいいがこれからどうすればいいか困っている。運転手は聞いた。。。何故です?
女性は答えた。。旦那と二人で石垣島で暮らそうと語り本土の家も土地も全て売り払い移住したものの、移住して数日で旦那は他界しました。石垣島で暮らしたいと語りだしたのは夫。残された私はこのなにもない島で何を目標に生きればいいのか・・・。今さら本土へ戻ってもなにもない。(本土にも家族はいない様です)
もし、本土に家や土地があれば少しでも心が安らぐ生活が取り戻せたのでしょうが、全てを売った今はお金はあるが大切な想い出や戻りたい場所はもう存在しない・・・。




■焦ってはいけない不動産
移住ブームと言われた時期は移住=土地・マンションの購入という方は多かったです。しかし、買ったはいいが3年ももたずに本土へ帰る人が多かった。移住して土地・マンションなどを購入する場合は沖縄に慣れてからが良いと考えます。また、住宅を建てる方は沖縄の風土を考え設計し信頼のおける建築業者に任せるのが良いでしょう。海に感動している時期での購入は避けるのが無難。また、沖縄は地盤が緩く地割れや土砂崩れなどのエリアが多いので土地購入時には注意が必要です。一般的に地盤の固さまで表記して売っていないので自分で調べるか沖縄に詳しい人や業者(建築・設計)に依頼した方が良いと思います。
マンションなどは過去住んでいた方やそのマンションの事情、地盤ももちろん調べる方が良いでしょう。


2007年8月の洪水の際は那覇市長田の新築・建築中のマンションの地面が地割れしました。購入済みの方ももちろんいました。(約100世帯が避難しました。)
床上浸水エリア:今帰仁村仲宗根・湧川、那覇市首里石嶺、那覇市大道、那覇市牧志、南城市玉城百名。土砂崩れエリア:本部町並里、中城村津覇、北谷町上勢頭、浦添市経塚、南城市玉城富山、豊見城市根差部、豊見城市高安、糸満市大里
落石エリア:北中城喜舎場
その他、沖縄移住支援センターで物件調査時に調査した際に危ないと思われるエリアはあります。土地・マンション購入の方はしっかり調査しましょう。




■年齢で見える現実と夢
移住する方々は10代〜60代ぐらいまで幅広いです。沖縄移住支援センターへのお申し込みでも同じ様に幅広く頂いています。年齢でみる移住の現実。ここでは帰っていく理由(本土へ帰るという方の支援で取り続けたデータ)について公開します。
・10代で移住し帰る方。多くの理由は仕事が決まらない。海が奇麗で遊んで暮らしたいという考えがあったが20代を迎えるにあたり所得など現実が見えて帰る方が多いです。


・20代で移住し帰る方。TVや雑誌で見るほど楽園ではなかった。就職が決まらないで帰る方も多いが現実を知り本土へ戻るなら早い方が良いと考える方々。家族で移住の場合、子供が環境に合わない登校拒否という場合もあります。


・30代で移住し帰る方。ある程度の貯金を持ち移住し計画もしっかり立てている方も多い。もちろん、10代20代と同じく現実を知り帰る方も多い。5年ぐらい暮らしたが帰る方が多い世代で同級生などが本土で昇給したり昇進し係長・部長となる中、自分は低所得で手取り16万円から脱出できず一生、家すら建てれないと考え、帰るならば今が最後と考え帰る方が多い。就職も30代ならなんとかなるし子供の大学への進学費用も今なら間に合うと考える様です。


※その他40代50代60代で帰る理由も変わる様です。




■移住先を決める注意点
移住先を選ぶ際に多くの方は「海の近く」を選びます。移住者が年間何人くるでしょうか・・・皆が海の近くを求め移住します。海に見飽きて帰る人も多いです。現実的にみた場合、海の近くで田舎、都会で週末だけ海。



さて、2つのパターンで考えてみましょう。
1.田舎で海が近い場合
海の近くに住みたい!沖縄移住の醍醐味とも言えるエリア選定と言えます。もちろん塩害や田舎という就職難を理解し移住できればです。また田舎に行けば行くほど地域の事情は濃いです。近所付き合いもそうですが横繋がりがあるのですぐに噂も聞こえてきます。その他、医療の問題、離島であるならば物がないのが当たり前と考えなければ暮らせません。それが暮らしている間、ずっと続くのです。



2.都会での生活で週末だけ海
就職は決まりやすい物はそろっているので本土と変わらず移住しても暮らしやすい。ギャップもあまり感じずに馴染みやすい。ただ問題は職場から近い都会を選ばないと交通費が支給されない場合は結構きつい。
海は週末ぐらいしか楽しめないので「生活の中で沖縄を感じる」ことがない。移住したのに日常で沖縄を感じる事がない。(海を求めた場合)移住計画で考えた場合はすぐに就職も決まりやすいので移住費用が安く住む。



・注意しなければならないのは田舎で海が近くスローライフを味わいたいと考え移住したが「理想と違った」というパターン。(人間関係も含め)。この場合は沖縄でも都会へ引越しとなる。逆に都会へ移住したが「沖縄へ来たのに本土と変わらない生活」という方。県内の引っ越しではなく本土へ帰るきっかけとなる。(「これが沖縄」かと感じ精神的にも疲れ果てている)




alt
息子の背中と夕暮れ:スローライフとは心の休日ではないでしょうか・・・。(撮影:代表者 阿部)




■住みやすい地域と子供の馴染みやすい地域
この質問は結構多いです。しかし、これは人それぞれが持つ理想の場所でるので「ここが人気、ここが一番」とは言いきれません。また、今まで都会のど真ん中で暮らしていた方が海以外に何もない場所に住んだ場合、買い物や銀行まで1時間かかると初めは沖縄=海で満喫していたが半年も経つと住みづらいと感じる場合がある様です。逆に田舎から沖縄へ移住した場合、那覇市の繁華街などに近い場所に住むと都会すぎて落ち着かない。という声も聞きます。一番住みやすいと感じるのは皆さん今住んでいる地域と似た環境が住みやすいといえます。ご自身の住んでいる地域と沖縄県内の各エリアを比べてみてください。それが一番良い方法です。
子供の馴染みやすい地域。これは地域の特徴も多少ありますが、まずはそこの地域の子供と我子が話せるかどうか。我子に合う地域ではなく我子が地域に溶け込める様に親としても努力をしなければなりませんし子供にも「移住」のイメージや転校に関しての心構えをさせるのも事前準備といえます。移住前に家族で話し合うのは大切なことです。(子供が登校拒否になったりいじめにあって帰る方もいらっしゃいます。)




■沖縄とあなた
沖縄へ移住しスローライフ・青い海での生活を手にする事は簡単と言えば簡単。就職が決まり所得にも問題がなければ。定年され移住する方々も気候や医療などの問題がなければ大丈夫。
しかし、長く暮らすというのは基本である「郷に入ったら郷に従う」という馴染むための姿勢が必要。
「スローライフ」は沖縄に行けば誰にでも与えられるのではなく、その移住者自身の「しなやかさ」であり、「したたかさ」であると思います。スローライフ=「心の豊かさ」
小学校の転校と同じく新たな環境で友人をつくり生活をするには溶け込む姿勢が必要です。特に沖縄の様な背景(本土と沖縄も含め)を持つ場所では特にそうです。
 沖縄移住の成功するための秘訣や道などのブログを沢山見ますが、実際、移住者を支援したことのある人でもなく単に先住者だったりネット・TV・雑誌の情報を基に語られているサイトやブログが殆どです、沖縄移住に成功する秘訣・秘策などありません。冷静に現実を見つめることこそ沖縄移住には必要な事なのです。
皆さんの移住計画が成功し移住後の生活も楽しい生活になり「夢が叶う」様にお祈りいたします。




会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ


ページトップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer