spacer
spacer

沖縄の保育園

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム > 沖縄地域情報 > 沖縄の保育園
spacer
 沖縄の保育園
  沖縄の保育園:沖縄の様々な保育園をご紹介。園によってこれほど違う教育と現場。沖縄保育園の実態とは・・・。

■沖縄の保育園
 沖縄の保育園は様々あり本土同様に認可・無認可の二つに分けられます。
保育園には、市町村が運営する公立保育所と、市町村からの認可を受けて社会福祉法人が運営する私立認可保育園があります。
これらの保育所では『児童福祉施設最低基準』という国が定めた条件(敷地の広さ、園児に対する保母の数、設備の充実など)を遵守した運営がされています。



      沖縄の保育園    沖縄の保育園     沖縄の保育園



■沖縄の募集対象と対象年齢
認可・無認可共にその地域に居住しており、保護者が仕事・病気・出産などのため児童を保育するのに支障のある世帯(保育に欠ける)児童。』となっています。認可保育園は対象年齢は、4月1日時点で0歳〜5歳の児童。
無認可保育園は各保育園にて異なります。


■入所方法

認可保育園
通常、募集は12月半ば頃から募集し入園申し込み書を各市役所に提出します。年度途中の入園については、各市町村に問い合わせてみてください。
那覇市の場合、那覇市役所本庁こども課に申し込みを行います。12月半ばに『申込み用紙』の交付があり、1月あたまから受け付け開始となります。
『申込み用紙』の交付は各保育園か児童課で、申込み受け付けは児童課で行います。
希望する保育園は保護者が選択できますが、希望する保育園への申込み者が多数の場合は、選考により決定されます。

無認可保育園
入園させたい保育園に直接申し込みます。入所人数に空きがあれば、すぐ入園が可能です。「保育に欠ける」という条件等設定はありません。



■保育料

認可の場合
保育料は認可の場合は所得によって各市役所で設定されます。この際、同世帯の所得の合計より計算されるので移住された方が低所得であっても同居者の所得が高所得者であった場合は世帯総所得より保育料が設定されるため支払い金額が大きく変わります。

無認可の場合
各保育園が定めた保育園の保育料を支払います。


■保育時間

認可保育園
保育時間は、大方は午前7時半〜午後6時までですが、保育サービス(延長保育、夜間保育、休日保育、一時保育など)があります。

無認可保育園
園により事なります。しかし、認可保育園は子供の迎えが遅くなった場合は「延長保育料」が発生するが無認可保育園は延長保育を行っている園もあるが行っていない保育園は延長料金を受け取らずに見てくれる園もあります。この様な保育園は「保良く園」という沖縄ならではのゆいま〜る保育ともいえます。




■保育園選び
沖縄に移住される方々で子供がいらっしゃる方は「どこの保育園が一番よいですか?」という質問が圧倒的に多い。沖縄の保育園は数多く数では無認可保育園の方が圧倒的に多い状態です。
認可保育園は設備や衛生面でしっかりしているというイメージがあると思いますが実際に様々な時間帯で「抜き打ち訪問」を行うと驚くべきことが浮き彫りとなる。ある園にお邪魔してみた・・・。この園は外観はビルで一階は0歳〜1歳児のお部屋・2階は2歳〜3歳児のお部屋、3階は3歳児以上の部屋に別れ全ての設備が整っていて素晴らしい園でした。しかし・・・お昼時間にお邪魔して驚く瞬間を目にする事になる・・・。
保育士さんに動向しながら3歳児の部屋へ入ると園児達がご飯を食べていたのです。その30センチ隣で保育士さんがスプレータイプの床洗剤をシュッ!シュッ!っと吹きかけているのです!霧状になった洗剤が園児のお弁当の方角へ流れているのを目にした瞬間、いくら素晴らしい園でもこの様な事があると親としては不安がつのります。

■保育園のうわさ話
保育園に限らず沖縄の様々なうわさはありますがうわさは所詮うわさです。本当に良い園かどうかを見極めるには必ず自身で園に訪れしっかり園の教育方針を確かめることが大事です。
様々なうわさが本当なのかを確認しましょう。


(1)ナイチャーが残した保育園のうわさ話
ある保育園では園児のお弁当は一つの大皿に集めて全ての園児で食事をする園がある。お母さんが頑張って作ったお弁当が大皿で配られるのを知った母親はこの園を否定する投稿を掲示板に残していました。
この様な点は皆さんどうでしょうか?頑張って作ったお弁当が大皿に移されわが子以外の園児も食べている。


1.何故、大皿で他の子供に配るのか。
2.わが子以外には何故食べさせる必要があるのか。
.喜ぶお弁当を作っても(お金をかけても)他の子供のお弁当と一緒にされるのでは手をかけて作りたくない。


この投稿をされた方の言い分はこの3点だと感じます。            ※この投稿者は本土出身者の方。
沖縄へ移住される方々の多くは本土での考えや本土での保育園のあり方が当たり前という方がほとんどです。
しかし、「沖縄の良さを感じ移住しました。」・「沖縄の教育に興味を持ち移住しました。」と言うわりに基本である「沖縄の教育の良さ」を知らない方が非常に多いです。つまり海に魅せられ素晴らしい海がありのんびりしている=素晴らしい教育。と考える方が多いからです。
沖縄の素晴らしさは物心がつくこの保育園で基本が養われいます。基本である「ゆいま〜る精神」がここにあるのです。
「地域の子供は自分の子供」
この考え方の違い・・・・。上記のお弁当話で考えて頂きたいと思います。ここは沖縄です・・・。



※お弁当が無い子やおにぎり1個という子供もいます。沖縄は決して所得水準が高くはありません。






ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer