spacer
spacer

沖縄安宿:沖縄安宿

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !!  ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報 >沖縄安宿ゲストハウス
spacer
 沖縄安宿 沖縄ゲストハウス                             


■沖縄安宿(ゲストハウス)とは?
沖縄移住希望者や沖縄旅行者にとっては最高の宿ともいえる沖縄安宿ゲストハウスが沖縄には多数存在する。
様々なタイプの宿があり一戸建てを改装して宿にしたゲストハウス(沖縄安宿)やアパートを改装している安宿などもある。
沖縄ブームと言われた2002年頃から増え始め沖縄本島では国際通り周辺には約20の宿が存在していると言われている。昔はこのゲストハウス(沖縄安宿)は地元住民から嫌われる一面もあった。
 それは本土から移住してきた若者が税金も払わずに滞在し昼間から酒を飲み騒ぐという行為をしていた(一部の方々)からです。今は短期滞在者や旅行者など多くの利用者がいて沖縄のゲストハウス(沖縄安宿)も各店のサービスも向上し魅力のある宿になってきている。又、地元でしか入手できない生の情報も入手が可能である。


■沖縄安宿ゲストハウスの料金は?

 今でも人気が高いのは料金が安いという点。素泊まりなら600円台〜ドミトリー(一つの部屋に二段ベットがあり複数名が共同生活)は980円〜個室は3000円からが主流です。
沖縄に増え続ける安宿ゲストハウス。地元での問題は賃貸をする両者の間に入る不動産会社の問題でもあり頭を悩ませているところもある。もちろん、安宿ゲストハウスを運営しようとする場合に一番問題になるのは物件探しである。


■沖縄安宿ゲストハウスを運営したい!?
 沖縄安宿(ゲストハウス)をしたいのですが?この一言で90%は追い返されるのです。うちじゃ、そんな用途の物件はないから。。それが普通。そこを頭を下げ何度も足を運び見つけ出す苦労をしなければオーナーにはなれない。
運営する場合は市の都市開発課などで用途を調べ(文教区ではないか、申請を出しても通りそうかどうか)100平米以上か以下かも調べる。これにより建築法の許可申請なども変わってくるからだ・・。その他、消化器や排煙装置、避難器具類も必要となる。


■消防法と規制について。
2007年消防法の改正で更に厳しくなったが現状はその消防の担当の見方によると言ってもいいかもしれない。これは以前、沖縄安宿(ゲストハウス)を運営しようとした方が完成前に消防の立会の元、必要な設備について消防隊員を運営予定の物件に呼んだ際、一人は消化器はここに一つでよい。そういうのに対しもう一人は3つ必要。そのうち3名でどちらがいいのか話し合いが始まったという事がありました。
 国際通り周辺の物件は古いものが多い。古い物件は建築時の図面がほとんど残っていません。図面がないと申請ができないので更に費用がかかる。これを安くおさめたい場合は100%100平米以下であるということを証明する様なものが必要になる。例えば賃貸の契約書などしっかりした物であれば消防やその他が納得するでしょう。(注意しなければならないのは33平米以下では保健所の許可が落ちません。)保健所・消防・建築の3つの許可をクリアーするには全ての担当者と事前に打ち合わせや内見をしてもらい進めなければいけません。



ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved                                  
 
spacer