spacer
spacer

沖縄移住 

 
 
a 唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 !! ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター  
a
 
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報 >不動産・賃貸
spacer
 沖縄移住:不動産
  沖縄不動産情報を詳しくご説明・沖縄不動産探しのために不動産情報を公開します。

■沖縄の不動産事情
 沖縄の賃貸は本土に比べると比較的安いです(那覇市の一部を除いては)。やはりどこの土地も同じで物価と比例します。詳しくは各不動産のHPを参考にされると相場が分かると思います。
 沖縄の賃貸契約には「沖縄県内に保証人1名もしくは本土に保証人1名と保障協会より1名」が必要になります。(一部保障協会は保証人が不要です。:審査は基本的に同じ。一部ではこれ(移住者数を加速させる)により無職移住者・治安の悪化を招くという声も出ている)この賃貸契約書には実印での捺印になります。又、職業記入欄には本土での職場を記入します。(既に離職していても前職の内容で記入します。) 他、添付書類として本人・保証人の印鑑登録証明証が必要です。本人の印鑑登録証明証は「沖縄」にて発行手続きとなります。(事前に物件を賃貸する場合は本土で発行です)


    沖縄移住   沖縄移住   沖縄移住
a
■あっ、と言う間の不動産
サイトや雑誌で「あなたの希望する不動産物件があった際にはご連絡します」というのがあります。不動産物件と言うのは他の方に先に申込書を提出された時点で取られてしまいます。つまり、不動産というものは動いているものなのです。沖縄県は本土と比べるとさらに早いです、それは一つの物件(マンションなど)に対し複数の不動産会社が入居の募集を行っているからです。本当に自分の希望する物件で空きが出たらすぐに抑えたいと考える方は移住したいエリアの物件をもつ不動産会社全てに連絡してもらえるように手配しなければならない。もちろん、ゴキブリが出にくいか夜の騒音はないかスーパーや銀行などの便利性はどうかなども注意しておきたい。
※ネットで契約を済ませ来沖して部屋を見たら裏がお墓だった・ゴキブリの巣だった・騒音で寝れない・聞いていた話と違った。という相談が沖縄移住支援センターに数多く寄せられます。ネットで契約する際は写真では見えない部分に注意して借りましょう。また写真は実物の何倍も奇麗に見えるものです移住してみてイメージと違ったということのない様にしましょう。その他、お互いが誤解のない様に不動産会社との確認もしっかり行いましょう。
a
■繁忙期は宝探し?
沖縄県の大手不動産会社の方より得た情報です。沖縄県の不動産関連というのは皆さんも知っての通り業者間で物件(マンション等)を紹介し合い手数料を分け合ってます。この様な関係も繁忙期にはあまり見られなくなります。繁忙期の3・4月などはお客様へ紹介する物件が足りなくなるぐらい物件もなくなりますしお客様も来店します。つまり、自社物件で良い物件(すぐに決まりそうな物件)は空きがあっても他社には「もう決まりました」と話します。何故、物件を他社へ回さず隠すか?他社へ紹介し他社でお客様が部屋を借りた際には仲介料として手数料を出さなければなりません。(通常、お客様が不動産会社へ支払う仲介手数料の半分)。つまり繁忙期に業者間の紹介を行うと利益が半分になるのです。それで沖縄県の業者は繁忙期には物件があってもまわさないのです。
※つまり、3・4月や新築が少ない時期に新築がある様な場合などは数多くの不動産会社へ連絡し物件を直で管理している不動産会社を見つけて予約しなければならないということです。雑誌やネットではスピードも遅く良いものはまず見つからないでしょう気付けば残り物が並んでいる状態になるということです。
a
■仲介手数料が半額?無料?
 借主が不動産会社へ支払う仲介手数料。よく雑誌やネットで「仲介手数料半額!無料!というのを目にする。
何故、不動産会社は自分たちの利益を無くすのか?一つは必ず書いてある”自社の物件に限り”という内容です。
 自社の物件、つまり自社の管理・仲介できる物件であれば仲介手数料を借主、つまりあなたから家賃の1ヶ月分を頂けます。家賃が仮に1ヶ月5万円ならその半分にします。と言えば2万5千円の利益になる。半分になるが数多くの借主を集めるには良い方法でありキャンペーンとしお客様にも喜ばれる。ここで注意しなければならないのは、”自社の物件に限る”と言うこと、自社の物件以外では仲介に仲介ということになるので仲介手数料は半分にはできない。という事になります。”仲介手数料半額”無料”を取るか数多くの物件を選べるという道を取るかはあなた次第ということです。(その他、何をしている会社(賃貸専門か売買専門)かも確認し違いやサービスを選ぶことで各社独自のサービスを最大に受けられると思います。)



■沖縄移住の難問
本土人だと家主は「貸す気は無い」と言い出したり「長く借りてくれる人にしか貸していない」と言われる場合があります。
離島は本土出身者には不動産物件を貸さないという家主が多いのも事実、島内に保証人が1名必ず必要という不動産会社も多いので島内で保証人としてサインできる人を確保できない人は物件数が少なくなる。


※基本的に閉鎖的なのは歴史をさかのぼると本土出身者が沖縄で問題多数を起こしたから(賃料滞納で本土へ逃走)からであります。その他、本土から沖縄の不動産会社へ電話し「来週、不動産物件を見せてほしい」と言いながら予約しておき電話すらせずドタキャンする。その他、メールで問い合わせておきながら必要な情報を得たら返信をしない。などがあるからです。


■心遣いが”結”となる
色々と不動産会社へ足を運び物件を見せてもらったが他の不動産会社で物件が決まった際は紹介してくれた各不動産会社へ物件が決まりましたと連絡するのが良いでしょう。沖縄の不動産会社は親切・丁寧な業者が多く、一度の来店で気に入る物件がなくても探してくれてたりもします。物件がお陰様で決まりましたありがとうございました。と一言連絡するという心遣いが移住者と地元企業や沖縄人(うちなーんちゅ)との間を結ぶきっかけになると沖縄移住支援センターの代表者は考えます。


  


■更新もゆっくり?
沖縄の不動産屋のほとんどはホームページを持たないで営業している不動産会社が多いです。又、古くから賃貸物件を所有しているオーナー(大家)は半分の物件は不動産会社へ預け、半分は知人・親戚に貸しているようです。特に沖縄本島北部などの赤瓦の一軒家は(約1万円)で親戚に賃貸しているのが多い様です。又、あっても直ぐに契約が決まってしまいます。(3万円の物件を赤瓦にして本土人に8万円で賃貸している事も・・)
※不動産関連のホームページは更新が非常に遅く半年前に無くなっている物件もネットに掲載している場合もあります。


沖縄不動産編
   知って得する不動産
   沖縄一戸建て:失敗編
   沖縄不動産:敷金トラブル編
   沖縄不動産:犯罪編
   沖縄不動産:都市ガス編
   沖縄不動産:オール電化編
 


ページトップ


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved                                  
 
spacer