spacer
spacer

沖縄一戸建て 土地 中古住宅 設計事務所

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報>失敗しない沖縄移住マイホーム計画
spacer
失敗しない沖縄移住マイホーム計画
沖縄へ移住しマイホームを建てたはいいが本土へ逆戻り。失敗しない沖縄移住マイホーム計画をご案内。


青で書かれた文章はアドバイス文です。



■二世帯での移住
沖縄へ移住しマイホームを建てる方々は結構います。年齢層は50代が多いようですが二世帯での移住という方も最近は増えている様です。
長年、沖縄へ移住するのが夢だった事から両親は海岸沿いを選ぶケースが多い。しかし、子供(30代)の仕事を考えると海岸沿い(田舎)では職もなく給与も更に安いという現実は避けられない。
両親の夢を優先し海岸沿いで暮らすか子供の職や所得を考えエリアをずらすかという事を話しあいましょう。


■3年以上暮らせますか?
移住者の多くは海の近くに家を建てます。やはり本土にはない美しい海に憧れて移住するという事からだと思います。
移住して海のそばに住んだ事がある方で3年以上、海にこだわり住んでいるという方の数を調べたことがありました。(移住者約100名)結果は8割が都心部もしくはライフラインの安定している場所に動いているという結果が出ました。
 何故、夢であった海近くでの生活をやめ引っ越したのですか?という質問をすると「移住する前は常に海をみていたいという気持ちや海が近い方がのんびりできると考えた」しかし、「移住して2年も海の前で暮らすと洗濯物が乾きにくい、車が錆びる、湿気(カビ)が凄いという現実的な面が見えてきて引越ました。」という答えが圧倒的に多かったです。
 逆に3年以上、海のそばに暮らす方々やマイホームを建てた方にお聞きしました。今後も海のそばで暮らしますか?殆どの方が同じ答えでした。「やはり海が好きで移住しましたし塩害はあたり前、車が錆びて乗れなくなったらまた買います。」という事でした。
このデータから言えることは心の底から「海」が好きであるか「塩害を受け入れられるか」ということが言えると思います。


■コンクリートか木造か
沖縄県はご存知の通りコンクリート住宅が主流です。これは真っ直ぐ育った木が少ない、基本的に山が少ないという事から木の仕入れ価格が高く建築コストがかかってしまう事、そして低所得という現実から木造は少ないです。


コンクリート住宅と木造の違いを挙げてみましょう。
【コンクリート住宅】
比較的安く建築が可能で増改築が容易。台風などにも強く屋上を利用する事もできる。
狭い土地でも一階駐車場とすれば倍の面積が取れるなどの利点がある。
木造】
建築コストがコンクリート住宅に比べかかる、コンクリート住宅に比べ耐久性(台風など)が弱い。
コンクリート住宅とは違い風通しも良く湿気を吸ったりはいたりしてくれるので湿度がある程度保たれる。
(強い塩害を受ける場所では大きな差はないと聞きます)
コンクリート住宅より熱がこもり難く沖縄の様な熱帯気候には最高と言われる。


■土地・戸建の購入時期
沖縄への移住者が増え始めた2000年ぐらいから沖縄県の土地の値段は少しずづ上昇しました。
場所によっては下落した場所も存在する。ここで注意しなければならないのは二つ存在します。
一つは様々な情報の中で「土地が上がった」と聞いたので少しでも安いうちにと焦るケース。
上がった上がったと聞く情報は果たして何処から出ている情報か、また、その土地はどの様な土地で今後はどの様に変化していくかとい事を良く調べなければいけない。
そして次に今が買う時期かどうか。 数回の旅行で移住して直ぐに土地や一戸建てを購入・建築という方々が多く帰るという事を考えると少し沖縄に馴染んでからが無難といえる。
また、移住してみて「他のエリア」が良く見えた。他の建築方法がよかったという事の無い様にしたい。
大切なのは家を建てる事ではなく「あなた自身が建てた家に長く暮らせる」事なのです。
複数回の旅行や下見などを繰り返しご自身の中でここに家を建てて暮らしたいとリアルな移住が見えてきた時が建築する時期だと思います。


■建築業者の選定
沖縄県には数多くの建築業者が存在する。コンクリートと木造どちらを選ぶかで建設業者も変るでしょう。
やはりこれはコンクリートでの建築が得意な業者と木造を得意(専門)とする業者では仕上がりもだが根本的な内容が異なるという声(業者側)があるからです。
コンクリートはコンクリートのプロへ木造ならば木造のプロへ任せるのが一番だと思います。


沖縄移住支援センター 

沖縄県内の各不動産業者、建築業者、コンクリートが得意な業者から木造が得意な業者など数多くの業者様をご紹介する事が可能です。常に中立の立場よりアドバイスさせて頂きます。その他、土地の調査や一戸建ての調査、近隣の状況や塩害の度合いまで全ての情報を保持しております。お気軽にお問合せ下さい。


会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ


ページトップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer