spacer
spacer

沖縄移住沖縄一戸建て土地

 
 
唯一の沖縄移住支援専門企業!圧倒的な信頼と実績で移住支援No.1 ヘルプサイトマップ
沖縄移住計画支援センター  
沖縄地域情報
spacer
沖縄移住支援センター 沖縄移住支援サポート 沖縄移住下見サービス サービスメニュー 沖縄の気候と暮らし 地域情報 移住の失敗とワナ お問合せ
spacer
ホーム >沖縄地域情報>沖縄一戸建て:失敗編
spacer
沖縄移住一戸建て:失敗編
沖縄移住者が残した高額物件がお買い得!?沖縄一戸建て事情から購入の注意点を公開!


■沖縄移住一戸建て事情
沖縄県の一戸建て保有率は約50%でこの50%の約半数は高額所得者が所有しているのが現状です。沖縄県で一般に一戸建てを購入するとなると新築で3000万円が平均的な金額といえます。
これ以上の物件となると生粋の沖縄人が実家を売却し売却したお金を土地代としてあてて上物は住宅ローンで返済していくというパターンが多いようです。

                           豪邸:一戸建て
    豪邸一戸建て画像  豪邸一戸建て画像  豪邸一戸建て画像



■残こり続ける豪邸。
沖縄には数多くの豪邸が存在します。価格1億8000万円・2億5000万円もっと飛びぬけると3億超えという物件が存在します。これは全て本土人が建築し本土へ帰ってしまったという残り物件です。
この様な高額の物件は沖縄の所得では一生働いても手にできる人は限られます。
ではこの物件はどうなるのか?賃貸でも借りる人はいません。この様な物件の動きをみてみました。
家主は買い手が出るまで半年・1年待ち続けています。買い手がいないと売買専門の不動産会社へ依頼し仲介させ手放す方向へ強く動き出します。※固定資産税があるからです。
ここで決まれば良いですが9割決まりません。そうすると不動産会社は家主に売値を下げてはどうか?という話をします。
家主は売れないなら売れる金額と建築した際の金額より考え折り合う金額を提示します。その金額に変更し不動産会社はネット・雑誌・新聞などで買主を集めるのです。
でも、売れないのが沖縄であり買えないのが沖縄の所得と現状です。
この様な高額物件は本土人(ナイチャー)が残し本土人(ナイチャー)が買わなければ廃墟(はいきょ)となります。しかし、売主も廃墟にしたくないので管理会社に依頼し保全させているのです。
この様な「環境を間違えて移住してくる本土人」の物件で4000万円ぐらいまで落ちた物件は買い!だと思います。作りも小さな所までこだわりしっかりした物件がお手ごろ価格で購入できるからです。
移住に失敗した本土人の産物(贈り物)の様なものです。



■沖縄移住支援センターからのアドバイス
移住してから一戸建てを購入の方は下見や建物の相場、土地の坪単価なども良く調べ購入してください。
エリア(島)によっては坪7000円程度の場所が10倍以上の値が付いている場合もあります。又、土地の用途や地盤の固さなども調べてからではないと通常以上のパイル(コンクリートの柱)打ち込みやその他の基礎工事などで数千万も余計に出費することになります。沖縄県内の建築会社や設計士、その他、施工以外でも電気配線など信頼できる業者をご紹介差し上げる事も可能です。お気軽にお問い合わせください。
※沖縄移住支援センターではアパート・マンション・一戸建て、土地を探しているという全てのニーズに対し情報提供やサポートが可能です。



会社概要プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記リンクお問合せヘルプサイトマップ


ページトップ

copyright沖縄移住支援センターallrightsreserved
 
spacer